よりよい経営環境のために

外国人技能実習制度とは?

私たちパン・エイシア事業協同組合は、外国人技能実習制度の活用を通して日本企業の労働力の確保に加えて、技能実習生受入れの国々の技術水準を向上させ国際交流や国際貢献に役立ちたいと考えています。

私たちは組合員様のニーズにお応えしながら役立つ組合事業を積極的に推し進め、組合員様に、より良い経営環境をもたらすことが出来るよう貢献してまいります。

戦略的な人事・労務政策をサポート

組合員各社様の継続的な発展のために、基盤技能・技術の継承および伝承のお手伝いをします。

外国人技能実習生受入れの背景

外国人技能実習生受入れの背景

現状

  • 中小企業の雇用の低下
  • 社員の高齢化
  • 技能・技術保有者の定年退職

課題

  • 企業の技能・技術力の低下
  • 商品開発力の鈍化
  • 新規需要開拓の鈍化
  • 社員のモラルの低下

課題対応として

  • 技術・技能の向上及び継承・伝承
  • 高度な技術・技能を保有する退職者の活用
  • 若手人材の適切な育成
  • 海外企業への技術・技能の供与及び導入
  • 外国人技能実習生受け入れ等、海外企業との人的交流

組合の使命

  • 組合員のコスト面の効率化
  • 独自技能・技術の円滑な継承、蓄積

パン・エイシア事業公道組合は個別企業単独ではなく組織的な展開をしています

パン・エイシア事業協同組合の事業概要

主な
受入れ企業の
業種

電気機械器具製造業、自動車部品製造業、プラスチック製品製造業、陶磁器製品製造業、水産食料品製造業、畜産食料品製造業、木材・木製品製造業、土木工事業、建築工事業、耕種農業、畜産農業 等

主な送出国

ベトナム、中国、タイ、ミャンマー

許可関連

近畿整備局、近畿農政局、近畿地方整備局
特別の法人無料職業紹介の届出(許可)25-特-000004
ページトップへ